聴診器

医療機器の買取を依頼しよう

日夜すさまじい勢いで技術が向上している医療業界では、毎年のように医療器械がバージョンアップし、より的確な診断や治療ができるように、その性能を向上させ続けています。病院などを経営している場合、そういった新しい医療機器を購入し、スペースが足りなくなった、あるいは同じ機械の後継機種を購入したため、古い機械が不要になったなどといった理由で、医療機器を廃棄する必要が出てくることもよくあります。そんなときには、ただ捨ててしまうのではなく、医療機器の買取を依頼するのがおすすめです。
大きな病院ではなく、個人で経営している小さな病院の場合、高額な医療機器を買う予算がなかなかとれず、診断や検査のために必要な機械を持っていないために、さまざまな検査を外部の検査機関に依頼していることがあります。患者さんのためにより正確で速い判断ができるよう、少しでも安い医療機器を買いたいと考えている先生は少なくありません。
そういった病院では、中古の医療機器を買うことが多く、医療機器の買取をおこなっている業者は、買取をした医療機器をそのような病院へ販売することで利益を得ています。不要になった医療機器が他のところでまた患者様の役に立つのは、なんだか素敵ですよね。

医療機器買取の査定ポイント

耐久性や機能性が高い日本の医療機器には世界的にも需要があります。ひと昔の医療機器は中古というだけでネガティブなイメージがありましたが、現在ではそうではなく、2005年に薬事法改正されたおかげで医療機器の中古のイメージは一掃されました。法改正によってメーカーに使用を知らせる必要や修理点検を義務付けられたことで、従来より信頼性が高い商材を揃えるようになりました。
このような法改正の実施のおかげで世界的にも日本の中古医療機器の質というのが良いアピールになりました。これから医療機器を買取してもらおうと思っている企業はどこが査定ポイントなのかわからないというところも多くあります。
特に高く買取してもらえる医療機器類として、眼科機器、試験機器、心電図計、超音波診断装置、などは、なかなか壊れにくいという質の高さによって多くの買取業者の中では高値で売買されています。
あと、人気商品であったり、年式が高ければ高いほど高額査定がされやすいこともポイントのひとつです。機器の取扱説明書や点検記録簿、保証書など機器に関する必要書類はある方が高額査定されやすいです。綺麗に管理しているというアピールにもなりますので、必ず残しておいてください。

医療機器の買取は複数の業者に依頼しよう

医療機器の買取をお願いできる業者の中には、買取でなく買い叩きのような価格を提示する業者もいます。安く購入し、他の消費者達に高く売る手法なのでせこいやり方と言えるかもしれません。対策には複数の業者に査定を依頼するという方法が便利です。色々な医療機器を見て査定をしてもらい、高い数字になった時に手放せば買い叩きを防ぐことができます。
この時のコツは業者同士が鉢合わせしないようにすることです。電話かネットのメールを使い、別々の日程で予約を入れておくと良いでしょう。
業者によっては消耗品のような医療機器を引き取ってくれないこともあります。処分をするのが面倒、または処理を行うのに時間がかかるなどが理由です。ですが、複数の業者に依頼をしている時は、立て続けに断られることはあり得ないので、心配しなくて大丈夫です。
メスや注射針でまだ使えそうな物がある際は、処分ではなく買取で対応してくれる場合もあります。かなりの安値になりますが、処分よりはいいのでお願いしておくべきです。複数の業者に依頼をすることで得られるメリットは数多くあります。特に嬉しいと感じやすいのは高い価格で売れることで、少しでもお金を欲しいと考えているなら非常に有り難いかもしれません。それに、不用品の処分にもつながるので、嬉しいことばかりです。

イチオシ